渡嘉敷島の海はダイビングのメッカ。

渡嘉敷島の海はダイビングのメッカ。

渡嘉敷島の海はダイビングのメッカ。 渡嘉敷島は那覇市から西に約32キロのところにあるケラマ諸島の中で一番大きな島です。渡嘉敷島の周囲には前島、神山島、ナガンヌ島、黒島、儀志布島など大小10余りの無人島もあります。ここの周辺の海域は水深50〜60メートルの透明度があり世界でも屈指の海の美しさで知られています。別名ケラマブルーとも呼ばれています。そのためマリンスポーツが盛んでダイビングのメッカですから多くのダイバーの方が国内外から訪れる有名な場所です。日本で確認されているサンゴの約6割のやく250種が生息しているとも言われています。群生するサンゴはダイバーの方に絶大な人気スポットになっています。毎日潜っても毎回違う海が見れて毎回感動できます。

渡嘉敷島には、この海の魅力に取りつかれて毎年訪れる観光客も珍しくはありません。ダイバーではなくてもこの海の魅力に魅せられた人は多いのです。最近では日本の観光客ばかりではなく外国からも訪れる観光客も増えてますが、本島からも日帰りで来れることから沖縄本島からのファミリーも多く訪れるようになりました。渡嘉敷島の澄んだ海は何度来ても飽きる事のない海の魅力と子供にも安心して遊ばせられる安全なビーチが最大の魅力です。

Copyright (C)2014渡嘉敷島の海はダイビングのメッカ。.All rights reserved.